ワイド

馬券の一種。正式名称は「拡大馬番連勝式」だがマークカードの欄にも「拡連」ではなく「ワイド」と書かれている。3着以内に入る2頭の馬番を当てる馬券のこと。発売当初はKONISHIKIのCMでおなじみだった。 実はJARと特別区競馬組合(大井競馬の主催者)の登録商標だったりする。(参考URL

枠入り

出走馬が係員に誘導されて、ゲートの中に入ること。これを嫌がる馬もいる。

枠順

発走するゲートの順。つまり馬番のことで、これは出馬投票のあと抽せんで決められる。9頭立て以上のレースでは枠順(馬番)と連勝式の枠番が異なる馬がいる。枠順は内から順につけられており若い番号は内枠、大きな番号は外枠ということになる。

枠順確定

出馬投票の後、抽選によって枠順が確定する。通常、レース前日の午前中に確定するが、前日売りを行うレースの場合には前々日に枠順確定される。これが行われないと競馬新聞は最終校正ができない。

枠連

馬券の一種。正式には枠番連勝複式。2着以内に入る馬の枠番をそれぞれ当てる馬券。9頭立て以上の時に発売される。(以前は8頭立て以下でも必ず枠連が発売されており、その代わり馬連が発売されなかった。)

枠番号(枠番)

出走馬を1〜8枠に区切った番号。8頭立てまでは1頭づづ1つの枠に入るが、9頭立て以上の場合には8枠から順に同枠に2頭づつ入る。16頭までは1枠あたり最大2頭であるが、17頭立てでは8枠が3頭、18頭立てでは7枠が3頭になる。 騎手がかぶるヘルメットの色は枠番によって決まり、1枠から順番に白・黒・赤・青・黄・緑・橙・桃となる。 中央競馬の場合馬主によって勝負服のデザインが決まるため、同一馬主の馬が同じ枠に入った場合は外枠の方が「染め分け帽」という枠の色と白(1枠の場合のみ水色)で染め分けをしたヘルメットをかぶる。


Wikikeiba | ///////////英数/

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-11-09 (水) 23:17:14 (2505d)